HOME > 企業活動 > わたしたちの行動指針

わたしたちの行動指針

 柳河グループはこれまでの経営哲学のもと、夢の実現を原動力として国際的に事業を展開し、世界中の人々と喜びを分かち合いながら、お客様と地域社会からの信頼
 「わたしたちの行動指針」は、日頃わたしたちが努力していることをまとめたものです。一人ひとりが「わたしたちの行動指針」を共有することにより、お客様と社会からの信頼をより確かなものとして、「存在を期待させる企業」となるための取り組みをともに進めていきましょう。

 

 

コンプライアンス
社会からの信頼をより高めるために、コンプライアンスの強化に継続的に取り組んでいます。

「わたしは、社会の一員として、法令・社内規則・社会規範を誠実に遵守します。」

 

Ⅰ 「法令遵守」

<法令の正しい理解>
関係する法令の内容と精神を正しく理解し遵守するとともに、改正動向を把握し適切に対処します。

 

<解釈不明時の処置>
法令の解釈について不明な点がある場合には、担当部門、行政機関、または社外の専門家に確認し、内容を正しく理解します。

 

<違反時の処置>
法令に違反する行為、または違反のおそれがある行為を発見した場合には、所属長または企業倫理改善提案窓口に報告、提案、相談します。

 

<行政機関への報告・届出>
法令で求められている行政機関への報告および届出は適切に行います。

 

Ⅱ 「社内規則の遵守」

<社内規則の正しい理解>
関係する社内規則の内容と精神を正しく理解し遵守するとともに、改定があった場合は適切に対処します。

 

<解釈不明時の処置>
社内規則の解釈について不明な点がある場合には、規則制定部門に確認し、内容を正しく理解します。

 

<違反時の処置>
社内規則に違反する行為、または違反のおそれがある行為を発見した場合には、所属長または企業倫理改善提案窓口に報告、提案、相談します。

 

<報告・届出>
社内規則で決められている報告および届出は適切に行います。

 

Ⅲ 「社会規範の遵守 」

社会の一員として、社会の常識に沿った倫理的な行動をします。

 

交通安全
自動車産業に係る企業として安全運転普及活動に取り組んでいます。

「わたしは、交通ルールとマナーを守り、安全運転に努めます。」

 

環境保護
社会の責任ある一員として、すべての企業活動を通じて地球環境の保護に積極的に取り組んでいます。

「わたしは、 社会の一員として、環境保護のために積極的に行動します。」

 

<環境負荷の低減>
業務遂行にあたり、環境保護に関する法令、会社の方針、社内基準にしたがい、省資源、省エネルギーやリサイクルを進め環境負荷の低減に努めます。

 

社会貢献
企業活動を通じて社会に貢献するよう努めています。また、企業市民として社会的責任を果たすため、社会活動に取り組んでいます。

「わたしは、社会貢献に対する考え方を理解するとともに、社会の中で期待される役割を果たすよう努めます。」

 

会社資産
事業目的達成のために、経営資源として有形・無形の会社資産を保有・管理しています。

「わたしは、会社資産を適切に取扱うとともに、会社資産の価値を毀損する行為・会社の利益に反する行為を行いません。」

 

<会社資産の管理>
施設、設備・冶具、製品・部用品、会社貸与品、金銭、知的財産その他の会社のあらゆる資産を、社内規則にしたがい適切に管理し、事業目的以外に使用しません。

 

<利益相反行為の禁止>
会社の利益に反して、自己、取引先または第三者の利益を図る行為を行いません。

 

情報管理
適正な事業運営を行うために、会社が有する機密情報や個人情報を適切に保護・管理しています。

「わたしは、機密情報や個人情報を適切に取扱います。」

 

安全衛生
柳河グループで働く一人ひとりが安心して働ける労働環境を維持するために、職場環境のリスクを適切に管理し、安全で衛生的な職場づくりを行っています。

「わたしは、社内規則を遵守し、安全で衛生的な職場の維持や災害の未然防止・拡大防止に努めます。」

 

<安全で衛生的な職場の維持>
職場の整理・整頓・清掃を心掛け、安全で衛生的な職場の維持に努めます。

 

<災害の未然防止>
職場のルールを遵守し、不安全な行動や状態を改善するように努めます。

 

<異常や不具合の報告>
職場の異常や不具合を発見した場合は直ちに所属長に報告します。

 

<災害発生時の行動>
緊急時の対応手順や連絡先を常に把握し、災害発生時は、人命の安全を最優先し被害の拡大防止に努めます。

 

人権の尊重
人権を尊重する誠実で公平な企業であり続けます。

「わたしは、人権を尊重し、不当な差別やハラスメント行為などを行いません。」

 

<差別の禁止>
個人の属性に基づく不当な差別的言動は一切行いません。

 

<ハラスメントの禁止>
セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントなどあらゆる形態のハラスメントは行いません。

 

取引
公平・公正な企業として、自由競争の下で、取引先との信頼関係に基づく長期的かつ発展的な取引を目指しています。

「わたしは、取引先と公正で健全な関係を保ちます。」

 

<取引に関する法令・社内規則の遵守>
取引に関係する法令・社内規則を遵守します。

 

<贈与・接待の禁止>
取引先との間で、社会通念を超える贈与および接待を受けたり、行ったりしません。

 

<職位や権限の不当な利用の禁止>
職位や権限を利用し、利害関係者から不当な便宜を受けたり、与えたりしません。

 

政治・行政との関係
自立した私企業として、政治(政治団体・政治家)や行政(官公庁・その職員)と健全な関係を保ちます。

「わたしは、法令や社会常識にしたがい、政治や行政と健全に接します。」

 

<贈与・接待の禁止>br /> 法令で禁止されている贈与および接待、または、商慣習や一般的な社会常識の範囲を超えるような過度な贈与および接待を、国内外の政治家や官公庁の職員に対して行いません。

 

コミュニケーション
透明性の高い企業であり続けるために、お客様、取引先、株主・投資家、地域社会などのステークホルダーと適切なコミュニケーションを図るとともに、社内での円滑なコミュニケーションの促進を図っています。

「わたしは、適切かつ円滑なコミュニケーションの実践に努めます。」

 

<適時・適切な情報の開示>
外部への情報開示に携わる場合には、法令・社内規則にしたがい、適切な開示を行います。

 

<ステークホルダーとの対話>
ステークホルダーからのご意見・お問い合わせに対して、誠実に対応します。

 

<職場でのコミュニケーション>
調和のとれた働きができるよう、職場での円滑なコミュニケーションに努めます。

 

反社会的勢力・団体との関係遮断
反社会的勢力・団体に対し、毅然たる態度で臨み一切の係わりを持ちません。

 

pagetop